医学部受験で専門の予備校に通うメリット

合格実績の他に参考にしたいのは、学習システム

選び方で迷ったときに一番重視したいのは、合格実績合格実績の他に参考にしたいのは、学習システム医師になるなら専門の学校で受験対策するのがおすすめ

数値はホームページやパンフレットなど様々な場所で公開されていますから、まずは合格実績で決めると良いでしょう。
合格実績の他に参考にしたいのは、学習システムです。
基本的に医学部専門予備校は、少人数のクラス制か一対一のマンツーマン指導の二種類に分かれます。
少人数のクラス制は、大人数に比べると講師が生徒一人一人に対し細やかな配慮ができます。
生徒もライバルが側で真面目に勉強しているとモチベーションのアップにもなり、料金も比較的安いので親御さんの負担になりにくいのも魅力です。
しかし講師の目が届きやすいといっても、クラス制では一人の生徒にかかりきりになることはできません。
授業で教えたことを理解できない生徒がいても、他の生徒のために次のステップに進むことは良くあります。
理解できた生徒は次のステップに進んでも問題ありませんが、わからない部分が残っている生徒にとっては問題です。
疑問点を残して次のステップに進んでもまた同じように躓く可能性があるので、一つ一つ確実に理解を進めていくのが受験勉強では重要になります。
クラス制のデメリットとも言える部分を解消できるのが、マンツーマン指導です。
マンツーマン指導なら生徒一人に講師が付きっきりで教えられるので、疑問点を残している場合はまた一から指導できます。
生徒も二人っきりのマンツーマン指導なら、疑問点があるとその場で質問しやすいでしょう。
クラス制だと質問したくても他の生徒が気になり講師に聞きにくいので、自分から積極的に疑問を解決しようとできるのもメリットです。
ただしマンツーマン指導は料金が高くなりがちで、他の生徒が周りにいないのでライバルを意識できません。

この人、名古屋の医学部予備校でもご活躍だったそうで、そんな人が東京医科大学の裏口入学に関わったかも知れない人と繋がってたとしたら、御用聞きをしてたと思われても仕方ないですよ。
ほんとかどうかは知りませんよ。
https://t.co/Rfbn9FYQ7w

— Jhoney787 (@jhoney_787) 2018年7月27日